電脳せどりとは?

今日は電脳せどりについてご紹介していきたいと思います。

このブログに行き着いて、この記事を読んでくださっている皆さんであれば電脳せどりとはどんなものであるか既にご存知の方も多いだろうと思います。

そうです、電脳とはネットを使った作業のことで、電脳せどりとはフリマアプリやオークションアプリを使ってネットから商品を仕入れて販売することをいいます。

では次に電脳せどりのメリットとデメリットについて考えていきましょう。

まず電脳せどりをする最大のメリットは、場所や時間にとらわれずに仕入れが出来るということです。

在宅で何百点もの商品を日本中はたまた世界中から取り寄せられるのは、電脳せどりのほかにはありません。

自分で買い付けにいくと膨大な時間や交通費が必要となってきて、それがキャッシュフローの回転を遅くするともいえます。

フリマアプリを使えば欲しい商品を見つけたら即決で購入することが可能です。

もう一つのメリットは、交通費や宿泊費が一切かからずに仕入れられるということです。

もちろん電脳せどりでも自宅まで取り寄せる送料は掛かりますが、店舗せどりは一日外出して仕入れに行くとガソリン代や高速代もそれなりに費用がかかります .

でも電脳せどりではそういういことがありません。

移動コストが時間も金額も不要ということは非常に大きなメリットです。

次に電脳せどりのデメリットをあげたいと思います。

一番大きな電脳せどりのデメリットは、商品の状態が事前に聞いた状態と異なるリスクがあるということです。

動作確認済の電化製品を仕入れたのに実際にはまったく動かない品物であったりとか、確認済みで購入したのに型番が違う商品が届いたりするリスクです。

基本的にはそれを返品し返金請求すれば済むのですが、その手間や出品者とのやり取りは面倒であり時間のロスとなります。

もう一つのデメリットは、現物を見ずに買うために、商品を実際に手にするまでにはタイムラグが発生するということです。

お金を払ってから商品到着までに1週間くらいかかるとすると、高回転の商品や低利益率の商品にはどうしてもデメリットとなってしまいます。

ただ、電脳せどり、電脳仕入れに慣れてくると、こういう出品者なら信頼できるとか、こういうジャンルの商品なら商品状態のリスクは少ないとかだんだんとコツが分かってくるようになります。

自転車に乗れるようになる過程と似ています。

自転車も最初はふらふらしながらゆっくり走っていたのが、1年もすると何も考えなくてもビュンビュンと走れるようになりますよね。

大切なのは、最初にしっかりとした情報を持つ指導者から学ぶということと、自分なりの仮説を立てていろいろとチャレンジしていくということです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です